HOME > 自主機械警備システム

自主機械警備システム

一歩前に出た「防犯」・・「予防」こそが重要

自主機械警備システム とは、「侵入されたらどうするか」よりも「侵入されないためにどうするか」を追求し、犯罪被蓋からお客様の財産や命を守るシステムです。

狙わせない!入らせない!諦めさせる!

自主機械警備システムの3つの特徴

① 抑止(予防)

「入らせない」を基本に「侵入されたらどうするか」ではなく「泥棒に狙われない環境をつくる」ためのシステムです。

具体的には、犯罪者の心理に働きかけ、「ここはやめよう」という気持ちにさせるため「抑止力の高い商品」をあえて防犯設備を見せるように設置し、犯罪対象から外させます。

「警備中」の文字が下見をする犯罪者の心理に抑止効果。

夜間は自動点灯し、夜の下見でも警備中であることを確認できます。

② 威嚇・撃退

侵入者を各種センサーが検知し、侵入者が最も嫌がる「音と光」で威嚇撃退し、被害を最小限に留めます。

侵入しようとすると即在位に音と光で威嚇し、それ以上被蓋を広げません。

外周警備用赤外線センサーで敷地の中に侵入しようとするのを検知。

ガラス破壊検知センサーでガラス破りを検知。

パッシブセンサーで室内への侵入を検知。

セキュリティキーパーが音又はメッセージと回転灯で威嚇撃退。

③ 保証と補償

高品質商品による保証と安心の補償制度。

自主機械警備システムは「侵入防止4原則」に対応しています。

侵入防止4原則を守っている建物は侵入犯が「侵入しにくい」を判断し、侵入を諦めます。
① 目   人目につくのを嫌がる
② 音   警報音など大きな音を嫌がる
③ 光   明るく照らされるのを嫌がる
④ 時間  侵入に5分以上かかるのを嫌がる  

抑止力・威嚇撃退力で、犯罪被害に遭わない環境づくりを行います。
Share on Facebook