HOME業種別から選ぶ >学校・保育園・幼稚園

学校・保育園・幼稚園

学校や保育園・幼稚園で最も守らないといけないのは子供たちの命です。
池田小学校の殺傷事件以降こうした学校や保育園・幼稚園でも防犯対策を行うようになってきました。
基本は、
● 敷地の中に部外者を入れない。
● 何か異常が発生した時には職員室ですぐに把握すると同時に、外部へ異常発生を知らせる。
● 画像で異常発生状況を確認に速やかに対応する。
といった内容が中心となります。

学校 不審者侵入防止システム(外周警備システム)

・学校・保育園・幼稚園への不審者侵入を赤外線センサーが検知し、大音量のフラッシュマルチサイレンを鳴らし威嚇撃退します。敷地の中にいれさせません。
・屋外用パッシブセンサーにて侵入者がいれば照明を転倒させたり、カメラと連動させることが可能です。
・異常発生時には、あらかじめ設定した通報先に自動通報し、異常発生を知らせます。

学校向けオートロックシステム

・学校・保育園・幼稚園の門扉をオートロックにして関係者のみ校内に入ることができます。
・生徒がいる間は電気錠を施錠して、不審者の侵入を防ぎます。
・父兄など来客者はカメラ及びインターホンで確認して職員室より解錠します。
・学校関係者・教員はテンキーで入場します。

学校向け緊急通報システム

・学校・保育園・幼稚園へ不審者が侵入した時に職員室や外部に助けを呼ぶことができます。
・教職員はペンダント型又はカード型の送信機を携帯。校内のどこにいても送信機を押すだけで職員室に異常発生を知らせることができます。犯罪者に気づかれずに助けを呼ぶことができます。
・送信機からは見通し距離100mまで無線で送信できます。中継器を使用するとさらに広範囲に対応できます。
・各教室に押しボタン防水型送信機を設置。各教室のボタンが押されると職員室の受信ユニットが受信し教室を個別に表示します。
・廊下にサイレン・フラッシュ付き受信機を設置するとサイレン音と光で異常発生を知らせます。

学校向け防犯カメラ映像監視システム

外周警備システムと防犯カメラを連動させると、侵入者を赤外線センサーが検知すると、校内への侵入者を画像で早期発見し早期対応を行うことが可能です。
・デジタルレコーダーに多重録画し、万が一の事件などの時には録画画像で確認できます。
・8台のカメラの映像を1画面に合成して1台のモニターに単画面、9分割表示することができます。
Share on Facebook